【NZ視察2022/No.1】NZ視察の様子をお届けします!

マヌカランドを運営している株式会社サザンクロスは、ニュージーランドワインの専門インポーターとして2011年に創業しました。

ニュージーランドワイン特有の個性に魅了され、ニュージーランドだけに特化してワインの輸入に取り組んできた、ニュージーランド愛の強い会社です。

 

約3年半前の2019年3月、私は初のニュージーランド視察へ行きました。

ニュージーランドの有名なワイン産地であるマールボロやネルソンを訪れ、自社が取り扱うワイナリーを巡り、より一層ニュージーランド愛を強くして帰ってきました。

 

 

 

そして今回、2回目のニュージーランド視察へ行くことができました!

コロナで海外へ行くことのできなかった数年、、、やっとやっと念願の場所へ行くことができます。

 

そう、2021年から新たに取り扱いを始めたマヌカハニーの生産者、TRUE HONEY(トゥルーハニー)とGREYTOWN(グレイタウン)です!

 

 

ブログでは数回に渡って、今回のニュージーランド視察の様子をご報告いたします。

ニュージーランド愛の強い私たちが出会うことができた、高品質なマヌカハニーを生み出す作り手の、現地の様子やその情熱を、日本の皆様にお伝えしたいと思いますので是非お付き合いくださいませ!

 

ニュージーランド好きの方にも楽しんでいただけるよう、現地のレストランや宿もご紹介いたしますね。

 

 

さて、ここで少し私の自己紹介をさせてください。

サザンクロスでは前職の経験を生かしてデザイン全般、ECサイトの運営、そしてこのブログを執筆している遠山と申します。

 

2015年に趣味でワインエキスパートの資格に挑戦し、無事合格するのとほぼ同時に株式会社サザンクロスに入社しました。

それから、SAKE DIPLOMA、チーズプロフェッショナル(今回の視察中に合格発表!)も取得した、お酒大好きなスタッフです。

 

 

マヌカハニーは、自社で取り扱うずっと前から愛用していました。前回のNZ視察のお土産には大量のマヌカハニーを購入し、日本でも様々なブランドのマヌカハニーを取り寄せては、毎晩スプーン1杯を口にして就寝するのがここ何年かの私のルーティーンです。

 

 

今回のNZ視察メンバーは、写真一番左の弊社代表の檀原さんと、右から二番目が私遠山、一番右の営業主任の徳永さんの3名です。

今後の写真にも登場すると思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

ちなみにこの写真は、TRUE HONEY(トゥルーハニー)の生産工場前で、現地担当のジェイソンさんと撮った写真です。この時の様子も、後日詳しくアップしたいと思います!

 

 

 

さて、2022年10月某日夕方、いよいよニュージーランドへ向けて出国です。

飛行機の搭乗を待つロビーからは、私たちの乗るニュージーランド航空の飛行機の向こうに、綺麗な夕焼けを見ることができました。

 

 

ニュージーランド、Auckland(オークランド)国際空港へは約11時間。時差はサマータイムで日本時間+4時間です。

ここから長い飛行機の旅が始まります。

 

 

次回はAuckland(オークランド)国際空港到着から国内線に乗り換えてHawke's Bay(ホークスベイ)空港への道のりをご紹介したいと思います。

 

遠山

 

次回【NZ視察2022/NO.2】を見る>>>

【NZ視察2022】一覧はこちら>>> 

manukaland story

ニュージーランドへ通い詰め、厳選を重ねた作り手だけを紹介していきます。

2011年の創業から一貫してニュージーランド専門インポーター。ニュージーランドワインからニュージーランドマヌカへと輪が広がりました。

マヌカランドの物語→