【NZ視察2022/NO.4】Napier(ネーピア)の街

朝日のパワーをたっぷりと浴びて、いよいよNZ視察のスケージュル開始です!

 

 

まずは新規のワイナリーに訪問。

 

NZ視察中は既存のワイナリーに加え、これから取り扱いたいと検討中のワイナリーや、立ち寄ったお店で見つけたワインのワイナリーへ連絡してそのまま訪問する、なんてこともあります。

 

 

日本の皆様にこれぞという美味しいワインをお届けできるよう、訪問と検討を重ねています。

今回のNZ視察でもたくさんのワイナリーを訪問させていただきました。

 

 

 

その後は、Napier(ネーピア)の街へ移動します。

Napier(ネーピア)はHawke's Bay(ホークスベイ)空港に一番近い港町です。

 

街を少し散策したのですが、バック・トゥ・ザ・フューチャーの映画のセットのような、レトロで可愛らしい雰囲気でした。

 

 

写真左の「SIX SISTERS(シックス・シスターズ)」はこの街で有名なカフェだそうです。

SIX SISTERS(シックス・シスターズ)

 

 

海沿いのこの並びには可愛らしいショップが立ち並んでいて、たくさんのお客さんで賑わっていました。

 

 

その後は「Ahuriri Village Kitchen(アフリリ・ヴィレッジ・キッチン)」というカフェで昼食です。

Ahuriri Village Kitchen(アフリリ・ヴィレッジ・キッチン)

 

 

Hawke's Bay(ホークスベイ)空港のカフェでの食事もご紹介させていただいきましたが、ニュージーランドのカフェはとにかくクオリティが高い!

そして、カロリーも高い!!笑

 

 

この日頼んだのは、サーモンのエッグベネディクトと、マッシュルームのオープンサンド、ハンバーガーです。

 

とても人気のカフェらしく、近所にお住まいだろうと思われる年配の方がテラスに座って、海風を楽しみながら食事を楽しんでいました。

 

 

 

昼食を終え、既存のワイナリーCognoscente(カーニャシェンティー)のワインアトリエへ。

 

 

ワイナリーのご紹介や訪問の様子は、サザンクロスのブログで詳しくご紹介する予定ですので、ご興味ある方は覗いてみてくださいね。

サザンクロスのブログ>>>

 

 

 

その後も新規のワイナリーを訪問し、夕食です。

 

Havelock(ハブロック)に戻って「Deliciosa Restaurant(デリシオサ・レストラン)」というレストランへ。

Deliciosa Restaurant(デリシオサ・レストラン)

 

 

早めの時間の訪問だったのですが、もうすでに満席の人気店でした。

 

 

今回のNZ視察、初の「green mussel(グリーンマッスル)」をいただきます。

 

「green muscle(グリーンマッスル)」はニュージーランド名物で、きれいな海で厳しい管理のもと独自に品種改良を重ねて養殖された、大粒のムール貝のことです。

このお店の「green mussel(グリーンマッスル)」は、ベリー系のジャムで味付けされたクリーム味で、今まで食べた中でも甘くてコク深い味わいで美味しかったです。

 

豚のソテーも八角風味のスパイシーな味付けで、パクチーとも相性も抜群。

 

 

 

次回はいよいよ、TRUE HONEY(トゥルーハニー)訪問の様子をご紹介いたします!

遠山

 

次回【NZ視察2022/NO.5】を見る>>>

【NZ視察2022】一覧はこちら>>> 

manukaland story

ニュージーランドへ通い詰め、厳選を重ねた作り手だけを紹介していきます。

2011年の創業から一貫してニュージーランド専門インポーター。ニュージーランドワインからニュージーランドマヌカへと輪が広がりました。

マヌカランドの物語→