【NZ視察2022/NO.6】Greytown(グレイタウン)到着

TRUE HONEY(トゥルーハニー)の生産工場を出発して、次はGreytown(グレイタウン)に向かいます。

 

 

Greytown(グレイタウン)はマヌカランドが取り扱うマヌカハニーブランドの名前でもありますが、実は国際空港があるWellington(ウェリントン)から北東に車で1時間ほど行ったところにある街の名前なんです。

 

Greytown(グレイタウン)はとてもコンパクトな街ですが、全体的におしゃれで洗練されたイメージ。

 

 

今回の宿は街の中心部からすぐ近くのヴィラ、Ray's Retreat(レイズリトリート)に宿泊です。

Ray's Retreat(レイズリトリート)

 

 

ここはベッドルームが4つに、キッチン、ダイニング、暖炉付きのリビングルームに風呂トイレが2個ずつある大きな一軒家でした。

 

 

 

荷物を置いたら早速夕食の買い出しに出かけます。

 

前回はNEW WORLD(ニューワールド)をご紹介しましたが、今回のスーパーはfreshchoice(フレッシュチョイス)!

 

 

freshchoice(フレッシュチョイス)移動中も良く見るチェーン店で、地域密着型のスーパーマーケット。

 

お酒コーナーが充実している印象です。サザンクロスが取り扱っているワイナリーのINVIVO(インヴィーヴォ)のピノグリを見つけました!

 

 

 

Greytown(グレイタウン)の街中にあるワインショップにも立ち寄ります。

 

Down To Find Wines(ダウントゥーファインワイン)は、メイン通りから1本奥に入ったところにある隠れ家みたいなワインショップ。

Down To Find Wines(ダウントゥーファインワイン)

 

 

オーナーのお兄さんはお店の前のベンチでマダムと談笑中のところ、私たちの姿を見て「いらっしゃい!」とお店に案内してくれました。

 

 

ワインインポートもしているというお兄さんが、オススメのニュージーランドワインを紹介してくれます。

 

 

「日本のジンも輸入しているんだよ。」と見せてくれました。

 

 

ニュージーランド視察中は、スーパーマーケットのワインコーナーや街中のワインショップに立ち寄って情報収拾をします。

 

ここでも魅力的なワインとの出会いがありました。

 

 

 

ヴィラに戻ってワインを飲みながら夕食の準備です。

 

 

この日はスーパーで買ったラムと野菜のソテー等を食べました。春のニュージーランドはアスパラが旬で美味しいんです!

 

 

 

さて、明日はいよいよ、マヌハニーブランドGREYTOWN(グレイタウン)を訪問します!

遠山

 

次回【NZ視察2022/NO.7】を見る>>>

【NZ視察2022】一覧はこちら>>> 

manukaland story

ニュージーランドへ通い詰め、厳選を重ねた作り手だけを紹介していきます。

2011年の創業から一貫してニュージーランド専門インポーター。ニュージーランドワインからニュージーランドマヌカへと輪が広がりました。

マヌカランドの物語→