【NZ視察2022/NO.8】GREYTOWN(グレイタウン)訪問!後編

養蜂家体験を終えて、マヌカハニー工場へ移動します。

 

 

夫婦で営むGREYTOWNの工場はコンパクトながらも、たくさんの専用機械が清潔に保たれ並べられていました。

 

 

グレイタウンのマヌカハニーは他のマヌカハニーと比べて明るい色をしていますが、これは採蜜してドラムに入れたはちみつをそのまま瓶詰めせず、ゆっくり攪拌してクリーム化させている為です。

 

既にクリーム化させた以前のロットのはちみつを数瓶加え、ゆっくり攪拌して少し待ち、ゆっくり攪拌して少し待ちを繰り返し、満足いくクリーミーな質感に落ち着くまで続けます。

 

 

この作業は一晩で望む質感に変化することもあれば、最大で8週間かかることもあります。

 

 

また、全ての工程において一切加熱は行わず、生の状態を保ちます。

これにより、グレイタウンの最大の特徴である、香りや味わい、そして何より滑らかでクリーミーな質感が感じられる様になるのです。

 

とても手間と時間のかかる作業ですが、養蜂家として5代続くグレイタウンが大切にする伝統的な手法な手法です。

 

 

 

ここではマヌカハニーの瓶詰め体験をさせてくれました。

 

 

写真に写っているのはリーズナブルなラインのパッケージですが、マヌカランドで取り扱っているのは、デイリーに使いやすい350gの大容量サイズのオリジナルガラス瓶です。

 

このマヌカハニー工場で一つ一つ丁寧に、手充塡にて瓶詰めされます。

 

 

その後はファクトリーショップに戻って、マヌカハニー以外の蜂蜜のテイスティングや、蜂蜜入りのチョコレートの試食をさせていただきました。

 

 

ここでは、蜜蝋のフードラップ作りや純蜜蝋キャンドル作り、そして私たちがさせていただいたビースーツを着用しての養蜂家体験をすることもできます。

 

ニュージーランドへ旅行の際はぜひ立ち寄ってみてください!

GREYTOWN(グレイタウン)

 

 

今回のGREYTOWN訪問では、夢だったビースーツを着ての養蜂家体験、またマヌカハニー工場や素敵なファクトリーショップを実際に見ることができてとてもいい経験になりました。

 

 

今後はGREYTOWNの「おいしい」味わいが生まれる秘密を、ぐっと深くお伝えすることができるのではないかと思います!

遠山

 

次回【NZ視察2022/NO.9】を見る>>>

【NZ視察2022】一覧はこちら>>> 

manukaland story

ニュージーランドへ通い詰め、厳選を重ねた作り手だけを紹介していきます。

2011年の創業から一貫してニュージーランド専門インポーター。ニュージーランドワインからニュージーランドマヌカへと輪が広がりました。

マヌカランドの物語→