コンテンツ

マヌカハニーの選び方

 

 

マヌカハニーの基準値について

 

マヌカハニーの抗菌力は、検査方法やライセンスなどの違いからさまざまな規格で数値化され、店頭に並べられています。ですが、昨今の健康ブームからマヌカハニーの栄養価や抗菌力に注目が集まり、悪質な販売業者によって数値が偽装される等の問題も起こっています。

そんな中、たくさんあるマヌカハニーの中から、安心・安全で効果の高いマヌカハニーがどれなのか分からない…と思っている方も多いのではないでしょうか。そこで、確かな品質のマヌカハニーを選ぶ指針として、ニュージーランド政府認定の3つの規格、UMF、MGO、MGSをご紹介します。

 

●「UMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)」
マヌカハニーの抗菌力を数値化した最初の規格で、マヌカハニーに含まれる抗菌力の高さを、医療用消毒液のフェノール溶液と比較して数値化したもの。例えば「UMF10+」と表記されている場合、フェノール液の濃度10%と同等の抗菌力があることを示します。ちなみに、医療用現場では2%~5%のフェノール溶液が消毒用として使われているので、「UMF10+」でもその抗菌力は充分に高いことが分かります。UMFはニュージーランド政府が100%出資している検査機関で厳しく検査され、合格したものにしか表記されない信頼度の高い規格です。

●「MGO(メチルグリオキサール)」
1kgあたりのマヌカハニーにメチルグリオキサール(MGO)が何mg含まれているかを示す規格。例えば「MGO100+」と表記されている場合、そのマヌカハニー1kgあたり100㎎のMGOが入っているということを示しています。メチルグリオキサール(MGO)含有量測定の誤差が少ないため、UMFよりも正確性が高いのが特徴です。

 ●「MGS(モラン・ゴールド・スタンダード)」
マヌカハニーの抗菌力を証明する最初の規格であるUMFを作ったピーター・モラン博士によって新たに開発された規格。UMFと同様に同濃度のフェノール溶液と同等の抗菌力があることを意味していますが、MGSは数回にわたり検査を重ねるなどより厳しい検査基準となるため、認証までに非常に多くの時間とコストがかかってしまい、現在は「ワトソン&サン社」のみ採用している新たな規格です。

 

マヌカハニーの規格であるUMFやMGOは数値が高くなるほど抗菌力が強いことを意味しているため、高い数値のマヌカハニーを選ぶほど、その効果を期待することができます。数値の高いマヌカハニーが理想ですが、数値が高ければ高いほど収穫量も少ないため高価になっています。デイリーに摂取する用に数値の低めのもの、感染症が流行する季節やより高い健康活性力を求める時には数値の高いもの、というように、用途に合わせて活用し、継続的にマヌカハニーの効果を毎日の生活に取り入れましょう。

 

 

アクティブマヌカハニー

 

「アクティブマヌカハニー」とは、マヌカハニーの中でも特に数値の高いマヌカハニーのこと。UMF値が10+以上、またはMGO値が100+以上のマヌカハニーがアクティブマヌカハニーに相当し、ニュージーランドではメディカルマヌカハニー(医療用マヌカハニー)として医療効果を認められています。基準を満たしているアクティブマヌカハニーはマヌカハニー全体の15%ほどしかなく、「奇跡のはちみつ」と呼ばれるほど希少なはちみつなのです。

 

 

 

ニュージーランドの他基準

 

他の多くのはちみつ生産国では、ミツバチの感染症リスクを抑える抗生剤投与が規制されていないのに対し、ニュージーランドではミツバチへの抗生物質の投与は全面禁止されています。UMF、MGO、MGSの規格に加え、世界で最も厳しい基準を設けているニュージーランドから輸入されたマヌカハニーは、毎日の健康維持にぴったりの安全性の高いはちみつです。

 

 

モノフローラルとマルチフローラル

 

UMF、MGO、MGSなどの規格は、マヌカハニーの抗菌力を知るのに重要な基準ですが、他にも「モノフローラル」と「マルチフローラル」という、ニュージーランド政府が2018年に制定した新たな制度もあります。

マヌカの花からハヌカハニーを集めているのはセイヨウミツバチという種類のイツバチで、はちみつを集める能力が高く世界中で養蜂に使われています。ミツバチは巣から約半径2~3kmほどに咲く花から花蜜を採取して巣に貯蔵しているのですが、その花の種類が単一の場合を「モノフローラル」、数種類の花から取れたはちみつを「マルチフローラル」と言います。「モノフローラル」のマヌカハニーはその純度が高くより希少価値の高いものになりますが、「マルチフローラル」でマヌカハニーと記載のされているはちみつでも、マヌカの花蜜の含有量などの厳しい規制をクリアしたものとなります。なお、基準に届かなかったはちみつは『マヌカハニーではない (non-Manuka)』というカテゴリになり,マヌカハニーとしては販売ができません。

お客様のカート