【NZ視察2022/NO.10】オシャレタウンMapua(マプア)

眼下にビンヤードが広がる景色を眺めていたら、あっという間にNelson Airport(ネルソン空港)に到着しました!

 

 

Nelsonの空港は木で作られた高い天井が特徴的な、とても温かみのある建物です。

 

 

北島では曇り空でしたが、こちら南島のNelsonは晴れて気持ちがいい!

 

 

さて、本日の宿に向かう前に食料を調達です。

 

こちらはPAK'n SAVE(パッキンセーブ)という、コストコのように天井まで商品が高く積まれている倉庫のような雰囲気の大型スーパーです。

 

 

宿にはBBQセットがあるので、本日やニュージーランドと言えば!のラム肉や、他のスーパーでは見かけなかった生のグリーンマッスルをGETします。

 

 

そして、本日の宿に到着!

 

今回はMapua(マプア)にあるこちらのコテージに宿泊です。

Ferntree Cottage(ファーンツリーコテージ)

 

 

Mapuaは、ネルソンとモツエカのちょうど間に位置するオシャレタウン。

海に面した丘の上に立ち並ぶおしゃれな住宅街を抜けると、素敵なレストランやワインバー、クラフトビールの醸造所やアイスクリーム屋さん、雑貨屋などが立ち並ぶMapua Wharf(マプアワーフ)という商業エリアがあります。

 

 

そんなMapua Wharfから徒歩5分ほどの場所にあるこちらのコテージは、広いお庭にグリーンの壁がキュートな一軒家です。

 

 

一つ一つのお部屋はコンパクトなのですが、内装もファブリックも可愛らしい雰囲気で揃えられています。

 

 

お庭に出て、まずはビールで乾杯!

 

 

ヴィラの前の道からは、綺麗な夕焼けを見ることができました。

 

お庭のテーブルにクロスやカラトリーを並べて、雰囲気満点のBBQの始まりです。

 

 

夕日が沈んだ直後の、サファイアブルーの空が幻想的です。

 

 

檀原さんが焼いてくれたラムと当社取り扱いワイン、Ma Maison(マ・メゾン)のマリアージュが最高!

 

グリーンマッスルも美味しい!

 

 

写真には撮れていませんが、日が完全に沈むと頭上には満点の星空が広がりました。

檀原さんからの「さて、社名でもあるサザンクロス(南十字星)はどれーだ?」というクイズに徳永さんと二人で、あれかな?これかな?と探すのですが、星がたくさんありすぎて特定するのが難しい。。。

 

最後には正解を教えてもらい、次回はパッと見つけられるようにしたい!と思うのでした。

 

 

ニュージーランドの食材を堪能した翌朝、早起きしてMapua Wharfまで朝日を見に行きました。

 

 

生憎雲が厚く日の出を直接見ることはできませんでしたが、だんだん明るくなってくる空の色と澄んだ朝の空気を味わうことができました。

 

 

一度宿に戻って本日のスケジュールの準備をした後は、再度Mapua Wharfに戻って朝食です。

Albertas(アルバータ)

 

 

朝の太陽の光を浴びながら、テラスでの朝食タイムです。

 

バナナパンケーキやシナモン風味のフレンチトーストと、フラットホワイトをいただきました。

 

 

ニュージーランドのカフェはやっぱりクオリティーが高い!そして、やっぱり高カロリーです。笑

 

 

 

さて、本日はSplit Apple Rock(スプリットアップルロック)という名所を観光した後、北島で訪問していたGREEN SONGS(グリーンソングス)というワイナリーの日本人醸造家、小山浩平さんご夫妻とのお食事や、NZ視察最後のワイナリー訪問を予定しています。

 

このブログも後2回で終わる予定ですので、最後までお付き合いくださいませ。

遠山

 

次回【NZ視察2022/NO.11】を見る>>>

【NZ視察2022】一覧はこちら>>> 

manukaland story

ニュージーランドへ通い詰め、厳選を重ねた作り手だけを紹介していきます。

2011年の創業から一貫してニュージーランド専門インポーター。ニュージーランドワインからニュージーランドマヌカへと輪が広がりました。

マヌカランドの物語→